健康管理システムで従業員の健康状態を把握できる

健康管理システムには色々なものがありますので、システム内容をじっくりと比較しながら選ばれるとよいでしょう。健康管理システムを導入することによって従業員の健康状態を管理することが出来るというメリットがあります。

健康管理システムを導入することによって労働基準監督署に提出しなければならない定期健康診断報告書を効率よく作成することが出来ますし、もし健康診断で異常が見つかった従業員に対して、その後の病院の受診状況なども確認することが出来ます。また従業員の生活改善が出来たかどうかを後日確認することが出来ますので、問題がある従業員の健康状態を知ることも可能です。

社内では長時間労働をしている社員や休日出勤をしている社員がいます。こうした社員は健康状態に悪影響を及ぼすことがありますので、健康管理システムを導入すれば、効率よく発見することが出来るでしょう。職場の労働環境の改善にもつながりますし、従業員の健康管理も行うことが出来ます。

株式会社エヌ・エイ・シー

従業員の健康は企業の成長と発展にはかかせない要素です。そのためどこの企業でも健康診断を実施して、社員の健康維持に努力しています。しかし役所に提出する書類を作ったり、従業員の疾病の管理や治療など掴むのに大変な手間がかかることです。しかし株式会社エヌ・エイ・シーの健康管理システムを導入すると従業員の健康管理を効果的に行うことができます。特別なスキルは必要なく、簡単な操作で初めての方でも使用できます。

過労死が社会問題になるにつれて、法律が改正され企業の従業員の健康管理に対する責務は大きくなっています。そこで株式会社エヌ・エイ・シーの健康管理システムを導入すると従業員の体調不良やストレスなどをチェックして、事前に病気を予防することができます。

株式会社エヌ・エイ・シーの健康管理システムを導入することで、複雑で膨大なデータを管理するのが楽になります。また病気になるリスクを減らすことができるので医療費を削減できます。

NTTテクノクロス

会社や学校などいろいろなところで健康診断が行われ、企業などであれば従業員に健診の時間の割り当てなどを行うかもしれません。NTTテクノクロスの健康管理システムは従業員などが自分で健診の予約ができるので、割り当てなどは不要になります。

健康診断を行うことも大事ですが、健診の結果を受けた行動も重要になってくるでしょう。NTTテクノクロスの健康管理システムは従業員が自由に結果の照会を行えたり、結果に基づいて行われる健康指導の予約ができるようになっています。

多くの会社やその他の組織では全国にある色々な拠点で構成員が活動をしています。その人たちに対して健康診断などを受けてもらいますが、NTTテクノクロスの健康管理システムは全国の拠点を低価格で結べる仕組みを用意してくれています。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社が提供している健康管理システムは、従業員の健康管理を一元化し、産業衛生業務をサポートするプラットフォームです。本システムの導入をしていただくことで全従業員の健康を把握し、健康経営の推進をサポートいたします。

この健康管理システムの主な機能は、情報の一元管理にあります。健康診断の管理はもちろんのこと、勤怠、ストレスチェック、保健指導履歴など、個人情報を紐付けし全ての健康管理を一元化することが可能になります。また、データは自社データセンターにて強固なセキュリティーのもと管理いたします。

この健康管理システムは、お客様のお悩みに合わせ、システムのみの導入が可能な「HSS(Health Support System)」と健康管理業務運用代行も含んだ「おまかせ健康管理」の2種類をご用意いたしております。お客様のニーズに合わせてのご利用が可能なシステムになっております。

株式会社 日情システムソリューションズ

健康管理は会社だけでなく自治体でも行う必要があり、それぞれの自治体で入力業務などを行う必要があります。株式会社 日情システムソリューションズの健康管理システムは見やすくて使いやすく、業務をしっかりサポートしてくれます。

コンピュータシステムの中には操作方法が分かりにくいものもありますが、株式会社 日情システムソリューションズの健康管理システムは操作性が配慮されていて、誰でも直感的に操作できる工夫がされているので助かるでしょう。

総務省ではいろいろなシステムにおいて地域情報プラットフォームを用意して連携がしやすくなるようにしています。株式会社 日情システムソリューションズの健康管理システムは準拠されていて、他システムとの連携も簡単にできます。

PHC株式会社

会社では社員に健康診断を受けさせ、社員の健康に関する情報を把握しなければいけません。把握するための情報に関しては法改正などがありますが、PHC株式会社の健康管理システムなら法改正に柔軟に対応することができます。

たくさんの社員が受けた健康診断の結果を登録するのは非常に大変で、間違いなく登録しようとすると時間もかかるでしょう。PHC株式会社の健康管理システムでは情報の登録、データベース化が容易で色々な管理目的で使うことができます。

社員が健康診断を受けると診断を行った医療機関による判定などを出してもらえます。PHC株式会社の健康管理システムでは医療機関が出してくれた判定とは別に独自の基準を設けた管理が可能で、その情報を元に社員の病気予防に役立てられます。

アトラス情報サービス株式会社

社員に対しては毎年のように健康診断を受けさせ、社員の家族などにも受けさせて情報を管理します。アトラス情報サービス株式会社の健康管理システムでは社員個人ごとの健康情報を効率的に登録し管理しやすくしてくれています。

社員の健康診断結果は健康管理システムに登録をしていますが、通常は登録のみで終わるかもしれません。アトラス情報サービス株式会社のシステムは目的に応じて検索をしたり抽出ができるので、問題のある社員の情報を効率的に見つけられます。

各社では健康診断が義務付けられていますが、ただ受けさせれば良いわけではなく所定の報告をしなければいけないときもあります。アトラス情報サービス株式会社の健康管理システムの中には報告を効率的に行える機能が搭載されています。

健康管理システムの利用の仕方とは

最近の会社は、社員の管理が非常に重要になっているといっても過言ではありません。以前に比べると、全体的に給料はそれほど上がっていないのに仕事がきつくなっている傾向があります。いずれにしても社員一人一人を丁寧に見ていかなければ、業務自体が滞ってしまい会社全体の仕事がうまく回らなくなる可能性が高くなるわけです。その中で注目されているのは、社員の業績だけでなく健康管理といえるでしょう。健康診断を積極的に行っている会社も増えてきていますがそれ以上に従業員一人一人の健康を日々管理しておくことも重要です。特に大きな会社の場合には、従業員の管理が十分でないことも多く、様々な問題が発生してしまう可能性も否定できません。これを防ぐためには、健康診断をしっかり行った上で普段からの健康管理をシステム化することが重要です。そこで、健康管理システムを導入すると、従来の課題を大幅に減らすことができるでしょう。

健康管理システムにもさまざまな種類がありますが、一つのメリットとして健康診断を行ってくれる機関と綿密に連絡を取ることができることです。従来ならば、年に一回だけ健康診断を行うため医者や看護士に来てもらい健康診断をすることも多かったですが、健康管理システムを利用すればそれらの機関と一年中連絡を取ることができ何か問題があった場合でも専門家たちに話しを聞くことで改善を促すことができるでしょう。これにより、業務自体が滞りなく進んでいく可能性が高くなります。システムの利用におけるコストは会社にとって重要になりますが、費用対効果などを考えてもコストはそれほど大したことがないと考えられるでしょう。それよりも、健康管理システムを導入しなかった結果、損失をこうむる方が会社にとって痛手になります。

健康管理システムを導入すれば、健康診断以外でも定期的にチェックをすることができますので即座に問題が発生した場合に対策を練ることが出来ます。これにより、問題を小さくすることができるだけでなく小さい段階で終息をさすることが可能です。またそれ以前に、健康を管理システムと提携を結ぶことで専門家の意見を聞くことが可能なため、問題が発生する前の兆候を読み取ることができるでしょう。これにより、問題が起こる前に根を摘み取ることができ最終的にほぼ問題を発生しないことができます。ちなみに、近年起こりやすい問題の一つが癌などをはじめとする成人病になります。これらは社員の健康管理をすれば成人病を防ぐことができ会社の運営自体を円滑にするだけでなく社員一人一人の生き方自体も健全化することが可能です。